[リストへもどる]
一括表示
タイトルラミネートのコツって?
記事No7953
投稿日: 2003/06/05(Thu) 17:09
投稿者Goo吉
はじめまして。いつも拝見させて頂いております。
早速ですが、ラミネーター(自動機)の事なんですが、1M以上ラミネートすると必ずといっていいほどシワになったりエアが入ったりします。アンダーフィルムやラミネートのテンションの具合を試行錯誤しているのですがなかなかうまくいきません。何か良い方法はないでしょうか?皆様のアドバイスをお願い致します。

タイトルRe: ラミネートのコツって?
記事No7959
投稿日: 2003/06/05(Thu) 18:39
投稿者JK
こんにちは。
ラミネートってむずかしいですよね。
シワになる一番の原因は、「メディアのセット」の仕方にあると自分は思っています。
最近厚ものばかりやっているのですが、久しぶりに薄ものをやったら「即」失敗しました。もう、入った瞬間に失敗した、と感じ、でてきたものはシワーッ!となってえらいこっちゃでした。

メディアをテーブルに乗せるとき、左右にピーンと張ってください。アンダーがよれたままだとまずいので、一番いいのはアンダーをもう一人のひとに巻き戻してピーンと張ってもらい、もう一人のひとがメディアを乗せ、左右にピーンと張って送り出しましょう。ピーンとした状態でローラーに食ってしまえば、あとはそうそうシワがよる危険はすくないはずです。
メディアの切り口はなるべく直線で、直角の方がいいと思います。
メディアを押さえるとき、有効部を触ると汚れますから、それ以外のところを押さえ、できれば手袋をしたほうが安心です。コンビニで売ってる「ドライバー手袋」でもいいですし、ホームセンターでも数枚セットで安く売ってます。

『まっすぐ、平らに、ピーンと』でしょう。

あと、なるべく低速でやったほうがいいかも。どこかにも書いてありました。『なるべく低速でやりましょう。高速で失敗してプリントからやり直す時間を考えたら、低速でやったほうが速いですよ。』って。
私も一番低速でやってます。

エアが入る原因はわかりません。私のところでエアが入ったことはありませんので。たまにゴミが入ると、「モコッ」ってラミネートが盛り上がってますが・・・。(-_-)

ひとつ考えられるのは、もしかしてローラーを下げっぱなしにしているのではないかな、ということです。
先日、私と同じラミネーターを入れた人が、「ほらほら、ここ、ここ、空気のぶつぶつがはいるんだよー。」と言ってエアの入った失敗作を見せられました。初め?でしたが、すぐに思い当たることが・・・。
その人はずーっとローラー下げっぱなしなんです。なんでゴムが変形し、変形しあったところが合ってるうちはまだともかく、それがずれ始まると圧が変わるんですね。その証拠にエアは3センチ幅くらいで横一直線に、そしてローラー1周分くらいで同じ間隔で発生してます。

「しゃちょー、だから言ったじゃないですか。ローラー上げておいたほうがいいですよって。」
『いやー、ほんとだ。あんたの言う事聞いときゃよかった。』

メーカーに聞いたら、もしかするともとに戻るかもしれない、ということだったのでちゃんと上げといてくださいね。と念をおしときました。

機械にもよるでしょうけど、テンションはあまり気にしなくてもいいかもしれないですね。私は「フィルムは変に出過ぎないよう、アンダーは弱めに」と担当さんに言われたとおりにして満足してます。ただし離型紙の剥がれ始まる位置は気をつけたほうがいいです。万が一剥がれるポイントが遅れるとローラーに巻き込みえらいこっちゃになります。(私も数回なりました。)

もひとつついでに。
長尺でなるべくまっすぐに進める方法。(うまくいってる人には無用!)
プリント時にプリントの始まるアタマのほうに、メディアの横方向いっぱいに直線を一本印刷しておきます。
ラミネーターに乗せるとき、その直線をラミネーターのロールに合わせます。ロールの上のほうから見てロールと直線が平行になるようにします。その状態でスタートすればかなりの長尺まで斜行せずにラミネート可能です。
平行にセットするとき、メディアを向こう側に押すとアンダーがずれてまずいので、たとえば右がわを押さえたら左側を手前に引っ張って平行に合わせる、というふうにするとダイジョーブでしょう。必ず手前に戻して合わせます。
テーブルにも目印の直線が引いてあったりしますが、あれはあまりあてにしないほうがいいと思います。(線が太いし〜)

的確でないレスだったらゴメンナサイ。

タイトルRe^2: ラミネートのコツって?
記事No7971
投稿日: 2003/06/05(Thu) 23:27
投稿者とある巷の看板屋
●すごい・・・!! 凄い・・・!! こんな記事を見ると、あたしは感動し ちゃいます。 なんて親切な!! 誠意のこもった書き方・内容・・・!! 自分の知ってることを、ひたむきな経験で得た貴重な技術を惜し気も無く公 表する【心意気!!】 なかなかこうはできないものですよね・・・!!  この掲示板を拝見していると、たびたびこういう記事にぶつかり感心・感動 させられます。 同業者の中に、こういう【心の豊かで、広い】お人が何人 も居るのかと思うと、【自分の狭い心】と同時に、たいへん励まされます。 ・・・なにか気がついたら我を忘れたように見境無く、キーボートを打って いました。失礼しました。 ★この不景気なとき、みなさん辛抱!! がん ばってください。 

タイトルRe^2: ラミネートのコツって?
記事No7980
投稿日: 2003/06/06(Fri) 10:12
投稿者Goo吉
goo吉です。
本当に親切丁寧なアドバイスを頂きありがとうございます。
早速、チャレンジしてみます。

タイトルRe^3: ラミネートのコツって?
記事No8007
投稿日: 2003/06/06(Fri) 22:31
投稿者toki
参照先http://www.tokidesign.co.jp
本日3回目のレスをしてしまいました。
私が思うにラミネートは最初が肝心なんです。機械に入れる前に心を落ち着かせ、出力した紙の気持ちになってスーっと、このスーっとがうまく説明できないのが口惜しい・・昔は失敗して色んなものに当たりちらしていましたが、最近では目を閉じてラミネートできるようになりました。
機械は何をお使いでしょうか?うちは安さに惹かれてユーボンのラミーマンを使っていますが、ユーボンの機械はアンダーフィルムに静電気で出力紙がくっつくんです。それがいれる直前に微妙なずれになって失敗していました。今はアンダーフィルムが直接出力紙に当たらないように自作カバーを作って対応しています。ユポとか薄い紙は特に失敗しやすいですよね。JKさんの10分の1でも参考にしていただけたら幸いです。
JKさんのレス自分も勉強になりました。

タイトルRe^4: ラミネートのコツって?
記事No8013
投稿日: 2003/06/07(Sat) 08:42
投稿者杉山
わたし、ユーボンの低温装置付き1380ユーザーです。

印字面1200*6000のメディアでも、安定してラミかけしてくれます。
みなさんのおっしゃるとおり初めが肝心。入れるときにメディアがどうしてもカールして浮いた状態になりやすいので、平らに入れるように心がけています。もちろん、メディアは垂直カットです。

長尺の際は、挿入口側の地べたに既製品のコロコロ(500巾のもの使用してます。)を備え付け、手袋をはめ、メディアをその上にセット。そこから、端を真上に持ち上げ、ずれてるようなら、コロコロを左右に微妙にずらしながら微調整します。そして、心落ち付かせ、たわまないように押し込む。

コロコロと、挿入口の間が1mぐらいありので、メディアがたわまない状態を真上と決めそのまま引き上げられればかなりの精度(3メートル毎に10ミリぐらいの誤差)がでます。

失敗は、数えられるくらいしかありません。(1年生ですが、2〜3回です。)勿論一人で作業してます。

すいません。ハナシ3分の1ぐらいにきいてください……。

タイトルRe^5: ラミネートのコツって?
記事No8017
投稿日: 2003/06/07(Sat) 10:04
投稿者JK
こんにちは。
今日はとっても時間がある(ヒマとも言う)のであっちこっち投稿しまくってます。

tokiさんの「スーっと」
これですよね。実際、ギクシャクしながら、「うまくいくかなー、だいじょーぶかなー」とやるとうまくいかないんですよねー。
アンダーは静電気処理してあるらしいものでも静電気がでます。tokiさんが作ったカバーって、「多分こんなんだろうなー」って勝手に想像して「今度、自分もやってみよ」って思いました。
別のレスでも書きましたが、今はアンダーが静電気で出力しにくっつき勝手にでていかないように太ももでアンダーのロールを押さえながらメディアをセットしています。機械は”自動”なのにやってることはマンマ手動ですね。一人でやってるとほんと疲れます。

杉山さんのコロコロもいいですね。本体についている針金のメディア受けに乗せ、距離は短いですが杉山さんと同じようにたわみをみながらセット位置を調整します。この方法と私が書いたラインとロールの平行を併用すると、二間で5ミリ以下の誤差におさまります。(ただし私のところの機械は1300幅、ラミは1090ミリ、メディアは通常1050ミリです。)

以前は1000幅のラミネーターしかなかったので、980ミリのフィルムをつけ、970ミリにカットしたメディアを一枚で10M近くラミしましたが、5ミリとずれなかったので大成功でした。・・・たまたまとも言う)

ひまなんであちこち顔だしてすんませんですー。